スタッフブログ

『冷え性とAVA(静動脈吻合』 NHKあさイチ


こんにちは。

早いものでもうすぐ冬至。どうりで日が短いはずですね。
なんとなく気持ちもそわそわとしてくるこの時期。
みなさん、よく眠れていますか。

今日、NHK「あさイチ」という番組のコーナーで『冷え性 食と"アバ"の真実』という特集をしていました。
冷え性の方はビデオを撮ったという方もいらっしゃるかもしれませんね=*^-^*=

詳細はNHKのホーム―ページでもご覧いただけます。

"アバ"とは"AVA"のことで、日本語だと"動静脈吻合"。
上記のホームページに詳しくありますが、首が温まると"AVA"とよばれる動脈と静脈を結ぶバイパスのような血管が開きます。
そうすると、足の皮膚血流量が増えて、熱の放散と発汗を促進。皮膚温は上昇し、冷えた手足が温まります。

こんなカラダの仕組みがあること自体が驚きですがo(*'o'*)o、
このような知識がなくても、私達は"AVA"のすごさを日常的に体験してるんです。
例えば。寒くなってくると、厚いコートや手袋よりさきに、まずはいつもの洋服にショールやマフラーを一枚足しませんか?

「カラダのどこが一番冷えを感じやすいか」「どこを温めればいいのか」と聞かれるとよくわからなくても、『首周りを温めるとカラダが温まる』ということを、私達は経験的に知っているんですよね。

これはもちろん昼間だけのことではなく、夜も同じこと。
「カラダが冷えて眠れない」という方は、首を温めるといいってことですよね。
パジャマルは、まさにこの"AVA"を有効活用してカラダを温めるカタチなんですよ。
眠り1116.JPGのサムネイル画像
ほら。こんな風に首周りを優しく包んで温めるから、電気も使わず自分のカラダのエネルギーだけで眠れるんです。

書いているだけで眠くなってきます・・・(ρ_・).。o○

パジャマルはこちらから。